生命保険の必要性

生命保険の必要性は人それぞれ違っていると思いますが共通して言えることとしては、生命保険というのは万が一の時に、残されてしまった家族のために加入するということ、そしてそれだけではありません。病気をしてしまったり、けがをしてしまった場合の医療費を用意しておくことや老後、介護に備えることも生命保険の必要性になるのではないでしょうか。普段は普通に生活していても、実際には、色々なリスクが周りを取り巻いています。例えば現在がんで亡くなっている人というのは1分30秒ごとに1人の割合で亡くなっているといわれていますし、入院が必要な人は2.3秒に一人といわれている時代です。そして交通事故の発生は37秒に1件の割合ですし、事故で亡くなっている人も91分に1人の割合と言われていますから、かなり低い確率で自分が該当する可能性も否定できません。生命保険に加入しておくということはこれらの病気やけがや事故などのリスクに備えることにつながります。もちろんの家族のためにもかけなければいけないのが生命保険です。万が一の時の家族のためだけに生命保険に入るという必要性も大切ではありますが自分が生活をしていくために、何らかのリスクに対しての備えとして用意しておくべきことでもあります。ですから自分のためのリスクへの備えとしても、家族のためにも両方を兼ね備えているような生命保険に入るというのが、本来一番正しい生命保険の加入の目的なのです。万が一の時に備えることはもちろん生命保険の必要性の中でもとても大切なことではありますが、そればかりに重点を置いていると、万が一事故にあった、病院に通うことになったという場合に出費がかさむと思います。しかし万が一の事故や病院の通院など自分の備えばかりに重点を置いている生命保険に入っていても本当に死亡したときに残された家族のために何も備えがなかったというのではいけません。どちらの面も十分に兼ね備わっているような生命保険、それが生命保険に入る際にとても重要なことになるのではないでしょうか。これから特に生命保険に加入するという人は、自分のための備えとしての生命保険と、そして残された家族のための生命保険と、両方をかけておく必要がありますので、その点を理解したうえで、生命保険に加入するようにしましょう。リスクへの備え、そして万が一の残された家族への備え、この両方が備わっている生命保険、それが一番安心です。

生命保険の口コミ

生命保険は選ぶ際に、自分にあった生命保険を選ぶことが大切であると言われていますが、なかなか実際には、自分でしっかりと選んで生命保険を選ぶという人は少ないと言われています。生命保険は長期にわたってかけ続けるものですから、無駄な保険料を支払わないためにも、しっかりと選ぶ必要があります。生命保険を選ぶ際の方法としては、色々とありますが、一番いいのは、自分にぴったりと合う保障内容の保険を選んで加入するとう方法が一番だと言われています。しかしなかなか自分に合う保険をあれこれ比較して選ぶというのは難しいですし、手間もかかるものです。そんな時に、0から比較するのではなくて、ある程度土台として選択できる中から選ぶとなれば、少し選ぶ際も楽になるのではないでしょうか。生命保険を選ぶ際には、ランキングを見たり口コミを見て選ぶのがいいと思います。ランキングは、今選ばれている生命保険を紹介しています。これを見ただけでは実際には内容はどうなのか、わからないと思います。生命保険会社の資料を見てみても、実際に加入した人でしかわからないこともあると思います。生命保険の口コミは、そんな実際に加入した人でしかわからないような情報を掲載しているのです。生命保険の口コミを読んでいると実際にはいったことがある人だけがわかることや、評価などを知ることができますから、とても参考になります。もちろん口コミだけを見て、選ぶと、自分に合っていない場合もありますから、口コミを見た上で、そして自分に合っているかどうかを確かめた上で、選びましょう。インターネット上では色々な口コミについて掲載しているサイトは増えていますが、生命保険の口コミに関して掲載しているサイトもあります。今選ばれている生命保険の口コミで1位のものとしてはライフネット生命の、「かぞくへの保険」が選ばれています。こちらはインターネットでだけ入ることができるダイレクト型の保険会社ですが、こちらの定期型の掛け捨て生命保険が人気です。保険料の安さが口コミなどでも評判ですし、内容を見てみても、脂肪と高度障害は災害や事故、病気に問わず原因が何であっても保障額が適応になるというメリットもあります。次に生命保険の口コミで人気があるのが、損保ジャパンDIY生命の1年組み立て保険です。こちらも定期型の掛け捨て保険で、1年単位で保険に入れることが口コミでもとても人気があるようです。

生命保険の有効な活用

生命保険は、万が一の時のための生活保障というのが前提であり、そのために生命保険料を支払っていると考えられています。しかし、せっかくの出費なのですから、他に有効な使い道はないのか?と考えることもあるでしょう。例えば、契約者貸し付けの制度で、不意の出費を生命保険でまかなう、という活用方法があります。契約者貸付制度とは、終身保険や養老保険、個人年金保険など、解約返戻金が年を追うごとに増えていく形の保険商品の場合、解約返戻金の一定範囲内で貸し付けを受けることができる制度です。企業により、その範囲は異なりますが、通常、解約返戻金の8〜9割の範囲で貸し付けが可能です。返済方法は一括でも分割でも可能です。ただし、金利はやや高めに設定されています。返済せず、死亡保険金や満期保険金を受け取る際に相殺することも可能となっています。注意すべき点として、保険契約後の期間が短い場合は、貸し付け出来ないこともありますし、返済が行われない場合、貸し付け利息が毎年元金に繰り込まれ、貸し付け元利金が解約返戻金を超えると、保険契約そのものが失効となる、ということなどです。一度、自分が契約している生命保険の解約返戻金のところを検討してみると良いでしょう。よく分からない場合、生命保険会社などに問い合わせしてみることです。会社を立ち上げたりして、まとまった資金が必要な場合など、まず初めに、一時払いで高額の終身保険と契約し、その解約返戻金を元に貸付を受ける、という方法もあります。これだと、担保の提供等の必要も無く、資金の調達が出来ます。ペイオフ解禁以降の分散投資の一手段としても活用できますし、相続対策にも利用が可能です。但し、医師による健康診断が必要な場合があります。つまり、まず健康であることが第一、と言うわけです。遺産相続のときの争族対策でも、生命保険は活用できます。例えば、相続遺産が不動産のみで、子供が二人いたとします。このような場合、分割用財産として生命保険に加入しておくことで、受取人を現金で、長男にしておき、家は長男が相続し、代償分割として生命保険金を次男に渡すといった形をとれば、遺産分割のトラブルを解消できます。このように、生命保険は相続税法上の特典など、相続対策に多方面から対応が可能なわけです。相続税に関しては、生命保険には非課税枠があって、相続人一人につき500万円までは相続税がかからないことになっています。